草加・越谷の地域ブログ「パリッとポリッと」

越谷市・草加市がメインの地域ブログです

【草加】「Placco工房」日常を楽しくするアイデアを3Dプリンターで生み出す

アイキャッチ

ゆうさん(@Yusan_paritto)です

草加で3Dプリンターを使い様々なアイデアを造形している「Placco工房」さんをご紹介します

Placco工房さんでは陶芸家 小堤晶子さん(OZ.FACTORY)デザイン OZ TAXI

草加「smör」のたい焼きと同じ車型のクッキー型を取り扱っています

作ってほしいクッキー型やオリジナル小物などはPlacco工房さんに相談してみましょう!

Placco工房さんに話を聞いてきました

Placco工房の代表を務めるカタヤマさんはオフィス家具やストリートファニチャーのデザイナーさんです

3Dプリンターを使い始めたばかりのカタヤマさんがどっぷりのめり込むきっかけとなったのは、ふとした一言でした

行きつけのたいやき屋さんに飾ってあったかわいい車の置物を「プラモデル風に作ってみようかな」とつぶやいたところ、

お店のオーナーに『面白そう!この車、お貸しします!』と期待されてしまったことが始まりでした

(何を隠そう、この行きつけのたい焼き屋さんがsmör(旧タイイチカフェ)さんです)

 

そこから試行錯誤を繰り返し完成したのがOZ-TAXI(オズタクシー)

実はOZ-TAXIの元となる車の置物をデザインしたのは陶芸家 小堤晶子さん(OZ.FACTORY)

OZ-TAXIは小堤さんにちなんで名付けられ今ではPlacco工房の代表作となっています

OZ-TAXI(左:現行版(販売中)、右:プロトタイプ)

OZ-TAXI(左:現行版(販売中)、右:プロトタイプ)

現在はsmörさんに車型たいやきのクッキー型を提供するなど精力的な活動を行なっています

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

たい焼きカフェsmör(スムー)さん(@cafe.smor)がシェアした投稿 -

めっちゃかわいい!この形なら作りがいがありますね!

工房は3Dプリンターで溢れていました

今回は特別にPlacco工房さんを見学させていただきました

工房の中は3Dプリンターが溢れかえる非日常な空間でした

3Dプリンターが3台

普段の生活では絶対にお目にかかれない光景です

大きなサイズを作れる3Dプリンターは迫力抜群!

大きなサイズを作れる3Dプリンターは圧倒的迫力ッ!!

3Dプリンター(箱型)

3Dプリンターって子供の頃想像していた近未来を感じさせますよね

実際に3Dプリンターが動いているところを見てみよう

製作中の3Dプリンターはずっと見ていても飽きません

それほどまでに私たちの生活ではお目にかかれない代物なんです

製作中-1

製作中-2

製作中は常にウィンウィン動いています

際セク中-3

細いノズルが動くたびにどんどん形が出来上がります

3Dプリンターの醍醐味は動画でこそ伝わります

気になった方はYouTubeで「3Dプリンター」を見てみよう!

ちなみに家庭用3Dプリンターはだいぶお手頃価格になっておりますので興味が湧いた方は購入を検討してみては? 

購入する前にまずはご家族に相談しましょう!

Placco工房さんの作品集

Placco工房さんの作品をいくつかご紹介します

クッキー型(ぞうさん)

クッキー型(ぞうさん)

クッキー型(とりさん)

クッキー型(とりさん)

クッキー型(smör型)

クッキー型(smör型)

クッキー型は種類が豊富ですし、オリジナルデザインを元にクッキー型を作成することも可能です

OZ-TAXI(左:現行版(販売中)、右:プロトタイプ)

OZ-TAXI(左:現行版(販売中)、右:プロトタイプ)

組み立て式のOZ-TAXI(オズタクシー)はお子さんでも簡単に作れます

出来上がった時の達成感は大人、子供関係なくうれしくなっちゃいますね

smör置物-1

smör置物-2

smör型の置物(小物入れにもなります)

サイズを大きく作ればかわいさがより顕著になります

中身をくり抜いて作ることで収納可能になりました

こんなにかわいい小物入れがお家にあるとほっこりすること間違いなし!

3Dプリンターの材料をまとめるPlacco工房オリジナルキット

3Dプリンターの材料をまとめるPlacco工房オリジナルキット

3Dプリンターの材料をまとめるためのオリジナルキット

この見た目、色合いの良さはレゴやプラモデルを彷彿とさせます

初見ではお手製の映写機と思っていました(笑)

SDケース

SDケース

SDカードって小さくて、いざ使おうと思うとどこにしまったか案外覚えていないものです

SDケースを使用してうっかり無くす心配を解消しましょう!

連結可能で赤と白を交互に並べるとそれだけでオシャレに感じますよ

依頼はPlacco工房さんにご連絡を!

「オリジナルのクッキー型がほしい」

「誰も持っていない小物入れを自慢したい」

「こういう物があると便利だけど市販されていない」

そんな時はPlacco工房さんにご相談・ご依頼すると解決の糸口がつかめるかもしれません

まずはPlacco工房さんのお問い合わせから連絡してみましょう!

まとめ(おまけ)

Placco(プラッコ)工房さんとは車型たいやきのsmörさんつながりでお知り合いになりました

前々からsmörさんに「3Dプリンターを使っていろいろ作る面白い人がいる」という話を聞いていた私たちは興味津々(笑)

そんなある日、smörさんのたいやきをデザインした小堤晶子さんとお話しする機会を設けていただいた際、

Placco工房さんも同席されていたことがきっかけで知り合うことができました

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

パリッとポリっと@越谷草加の地域夫婦ブロガーさん(@paritto_poritto)がシェアした投稿 -

より一層、草加のことが好きになりました!

Placco工房さん、smörさん、そして小堤さん、本当にありがとうございました!