草加・越谷の地域ブログ「パリッとポリッと」

越谷市・草加市がメインの地域ブログです

【草加】「SOKA CREATIVE LAB 2019」シンポジウムが9月1日開催!

アイキャッチ

「SOKA CREATIVE LAB 2019」が発表されました!

コンセプトは「地域の企業課題をクリエイターとの共創で解決する未来を目指したクリエイターズコミュニティの作成」

我こそはと思う方は9月1日のシンポジウムに参加してみては!?

今後の草加に新しい風が吹きそうです!

SOKA CREATIVE LAB 2019って?

草加市は地域企業の課題をクリエイターと共創で解決を目指すクリエイティブコミュニティを誕生させます

このコミュニティでは人・ビジネス・情報交流が生まれ、市内企業の新しい可能性を広げ発展する新たなイノベーション(技術革新)を目指します

クリエイターは市内企業の新しい商品開発やサービス企画などを行い持てる技術を活かしつつスキルアップを図ることができます 

soka-creativelab.com

”デザイナーとして草加市の企業と係りながら仕事を生み出したい”

”地元企業の取り組み・技術にクリエイティブ要素を追加してもっと普及させたい”

”何ができるかわからないけど持てる技術で地元に貢献したい”

そんな風に考えている方はぜひ参加することをオススメします!

地元企業とクリエイターの橋渡しの場が生まれました!

全体的な日程

SOKA CREATIVE LAB 2019の全体的な流れをご紹介します

日程
  • 9月1日 シンポジウム
  • 9月15日〜 SOKA CREATIVE LAB(全5回)開始
  1. 2019年 9月15日(日)
  2. 2019年 10月13日(日)
  3. 2019年 11月24日(日)
  4. 2020年 2月2日(日)
  5. 2020年 3月15日(日)

9月1日にシンポジウムが開催されます

テーマは明日を切り拓く地域クリエイティブ論

シンポジウム参加対象者は「クリエイティブ活用による企業や地域の魅力アップに興味があるクリエイター」や「市内企業」などです

応募締め切りは8月28日(水)まで、下記のリンクから申し込み可能です

soka-creativelab.com

9月15日からはコンセプトや企画に関する講義やワークショップを通じて学ぶカリキュラムが開始されます

このカリキュラムから参画企業も参加し実践に近いかたちで進行していきます

クリエイターさんで自分が該当するか判断に迷った時はこちらにお問い合わせください

講師陣をご紹介!

9月1日のシンポジウムで講師を務めるお二方をご紹介します

田中 淳一(株式会社POPS)

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

松山ワカモノ宣伝会議さん(@matsuyamawakamono)がシェアした投稿 -

 

宮崎県延岡市出身、広告代理店のクリエティブ部門で勤務。

2010年に起きた宮崎県の口蹄疫、そして東日本大震災をきっかけに独立し活躍の場を地方へと向ける

愛媛県今治市「七福タオル」のアニメーション動画や愛媛県南予地方の養殖をテーマにした写真集の出版、ブルボン製品のCMを手がけるなど活動の幅は広い

ローカルでの活動は松山市「松山ワカモノ宣伝会議」や和歌山県30市町村の若者が集まるプロジェクト企画「ワカヤマジャーニー」講演など数多くの自治体やローカル企業のプロモーションを手がける

作品例

TOWEL STORY(父と娘篇) - 七福タオル株式会社

【公式】ブルボン フェットチーネグミ「フェットチー姉さん」篇 15秒

倉成 英俊(電通Bチーム)

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

倉成英俊さん(@kuranary)がシェアした投稿 -

佐賀県出身、自称21世紀のブラブラ社員

電通に勤務しAPEC JAPAN 2010や東京モーターショー2011、佐賀県有田焼創業400年事業など、さまざまなジャンルのプロジェクトに携わる

各分野で一流の“B面”を持った電通社員たちによる「オルタナティブアプローチ」チーム(電通Bチーム)を結成

dentsu-ho.com

9月15日開始のカリキュラムではデザインや経営等の分野に特化した方をお呼びし講義を行います

詳細はこちらをご確認ください

まとめ

地元企業にクリエイティブ要素を加え既存問題の解決や今後の発展を目指すSOKA CREATIVE LAB 2019

興味がある方、まずはシンポジウムに参加して詳細を聞いてみましょう!

soka-creativelab.com