草加・越谷・川口の地域ブログ「パリッとポリッと」

越谷市・草加市がメインの地域ブログです

【インタビュー vol.03】草加の若き理学療法士「正村峻輔」

アイキャッチ

地域を盛り上げている「人」をクローズアップするインタビュー

vol.03は理学療法士として草加を中心に活動されている正村峻輔さん

まだ20代とは思えないほど努力と向上心で日々精進されています

理学療法士の活動とリアルな現状を熱く語っていただきました

正村峻輔

正村峻輔
プロフィール

正村峻輔(まさむら しゅんすけ)

北海道函館出身。

高校時代、野球で怪我をしたことをきっかけに理学療法士の存在を知る。

専門学校を卒業後、理学療法士の世界へ。

平日は都内で理学療法士として働きつつ、休日・夜間に個人の理学療法士の活動や教育を行うセミフリーランスとして活動。

20代とは思えないほどの実務経験を積み、広い視野で的確な処理を施す。

主な活動場所は草加市・八潮市。

Lucks(運営サイト):https://lucksclover.com

facebook:https://www.facebook.com/masamura.syunsuke

理学療法士とは?

||筆者:はじめに理学療法士とはどのような職業なのか簡単にご説明していただけますか?

正村:「理学療法」とは運動機能の回復を目標とした治療を指しますが、具体的には日常生活動作の改善に努め、最終的にはQOL(Quality of Life:生活の質)の向上を目指します。

順番に説明するとお風呂やトイレ、着替えなど日常生活動作が差し支えなくできるよう運動療法などを取り入れて改善していきます。

そして身の回りの世話を人の手を借りずに行うことが自分自身への自信に繋がり、QOL向上の足掛かりとなります。

さらに運動療法による運動自体が精神面のセラピーとしての効果も期待できます。

理学療法士はその人に足りない要素を見つけて補う、サポートすることまでが仕事の範疇と言えます。

||なるほど〜。その中でも正村さんが最もこだわりを持っていることはありますか?

正村:私というより理学療法士全般に言えることかもしれませんが、最も重きを置いていることは『歩行』ですかね。

歩行は生きていくうえで必要不可欠な行動であり、歩行ができなくなると行動範囲も狭くなってしまいます。

普段何気なく行っている『歩行』こそが全ての生活の基本であり、QOL向上には不可欠な要素と言えます。

痛みを感じたら理学療法士に相談しよう

||正村さんに依頼された方にはどのような症状が多くいましたか?

正村:人によって症状は様々ですが、依頼される方に多いのは何かしらの「痛み」を持っている方です。

普段何気なく歩いている時や電車でつり革に捕まっている時など日常で基本的な動作を行った時に痛みを抱えて困っている方は多いと思います。

その痛みについて理学療法士は様々な知識と経験で解決を図っていきます。

例えば膝が痛いという方の多くは膝に原因があるわけではなく、背骨が原因であるケースが多いんですよ。

||えっ!?膝じゃないんですか!?

正村:痛みが発生する原因に『ある部位が動かなくなったのを別の部位が庇って痛みが発生している』というケースは少なくありません。

別の部位で言えば肘が痛い方は『肩の動きが悪くなったのを肘が庇って痛くなる』という場合もあります。

体はいろんな部位が連携して1つの体を作り上げているため、痛みのある箇所だけを治療すれば良くなるわけではないことを知っていただきたいですね。

付け加えれば痛みを感じている人が痛い状態で運動するのは効果がなく、むしろ逆効果となる恐れもあります。

痛みを感じたら理学療法士など専門知識を持った人に診てもらうことが痛みを無くす最適な方法なんです。

常に勉強!理学療法士の実情とは?

||理学療法の業界について教えてください。例えば仕事に関する勉強などはどのように行なっていのですか?

正村:理学療法士を対象とした講習や実習は毎週にように開催されています。

著名な先生の講義や指導を受けて得た知識は翌日から実務に反映することができます。

理学療法は知識の更新や追従が必要な分野であるため、常に勉強する姿勢を維持する必要があります。

無い時間をやりくりして勉強したことが仕事の効果に表れた時は言葉にならないくらいうれしいですね。

また講演も無料ではなくお金を払って受講していますし、正直お金があれば毎週でも時間を作って勉強したい気持ちもあります。

知識を吸収して、実務にどんどん活かして効果が見えてくることが理学療法士の醍醐味と言えると思います。

||理学療法士の苦労と魅力が垣間見えますね。ちなみに理学療法士は誰でもなれるんですか?

正村:理学療法士になるためには大学や専門学校を卒業し、毎年2月に行われる国家試験に合格する必要があります。

もし理学療法士を志している方や興味を持った方は一度ご連絡をいただければお話を伺うこともできますよ。(こちらから)

||ちなみにご学友や同世代で集まって勉強する機会などはあるんですか?

正村:頻繁にありますよ。同じ職場のスタッフ同士でも技術交流も行っています。

特に若手は様々な垣根を超えて集まり意見交換をする機会が多くあるため刺激にもなっています。

正村さんの施術を体験してきました

||正村さんに依頼するとどのような流れで施術していただけるんですか?

正村:大まかな流れではこのような感じになります。

  1. ヒアリング:お客様の体の状態や痛みが発生したきっかけなどを聞き、最終的にどんな状態になりたいかを相談
  2. 評価(検査・測定):体を動かす簡単なテストなどで現在の体の状態や痛みの有無を確認
  3. 施術:体のバランスを整え筋肉を動きやすい状態にし、効果的なトレーニングができる体に仕上げる
  4. 運動療法:トレーニング器具を使わない運動を行い、体力をつけストレスに強い体を作り上げる
  5. 再評価:再び体を評価し施術や運動療法による変化を確認、結果によっては施術内容の変更も考慮
  6. セルフエクササイズ:自宅で行えるセルフエクササイズを説明、施術の効果を伸ばすため次回施術まで継続
  7. ミーティング:以降の計画を相談、最終目的の再確認と達成期間の設定など

痛みや異常の度合いにもよりますが、早ければその日の施術から効果が出る方もいます。

私としては施術による効果を一過性にするのは結果的に良くないと考えておりますので、少なくても2〜3回は施術を受けていただくようお話しています。

ちなみにゆうさん(筆者)は体で痛みがある箇所などはありますか?

||最近、膝と腰が痛いんですよ〜。腰はゴルフの練習が原因かもしれません。

正村:用意されたかのようなタイミングですね(笑)

では一度診させてください、体を動かすテストをいくつか行いますね。

テスト:肘がどれだけ上がるか

テスト:肘がどれだけ上がるか

テスト:頭と膝がどれだけ近づくか

テスト:頭と膝がどれだけ近づくか

テスト:骨盤の可動域を調べる

テスト:骨盤の可動域を調べる

正村:テストの結果からゆうさんの体は全体的に硬く、さらにデスクワーク仕事が多い方の特徴が見受けられます。

膝と腰の痛みは簡単な運動療法で改善できるかと思います。

背骨の真ん中辺りが硬いのでもしかして便秘気味ですか?

||ほとんど当たっています(笑)体からいろんなことがわかるんですね!

正村:生活習慣などは体に表れます、体は正直ですよ(笑)

では運動療法で体全体と背骨の硬さの改善を目指しましょう!

背骨のマッサージ

背骨のマッサージ

肩甲骨を意識的に動かす

肩甲骨を意識的に動かす

正村:施術後は体が軽くなる、痛みが引くなどすぐに気がつく変化がありますし、ゆうさんの場合だとお通じが一時的に良好にもなる場合があります。

ゆうさんは背骨の動きが悪いので背骨を動かすトレーニングなども取り入れた方がいいと思います。

膝の痛みが再発した場合にすぐできる簡単な運動療法も後で教えます。

||まさか正村さんに自分の体をインタビューされるとは思ってもみませんでした(笑)

正村さんへの依頼方法など

||正村さんに理学療法を依頼するにはどのようにすればいいですか?

正村:私が運営しているLucksというサイトのお問い合わせから依頼可能です。

もしくはfacebookからも依頼できます。

時間帯は休日や平日夜間でも対応いたしますので、まずはご連絡いただければと思います。

施術場所はご自宅を予定していますが、困難な場合はレンタルスペースなどを借りれば施術可能です。

レンタルスペースを利用する場合は費用を負担していただく場合がありますのでご了承ください。

||自宅だと落ちつけるので良いですね!ちなみにお値段はおいくらですか?

正村:金額は下記の通りです。

施術料金に加え出張費が追加されますが、草加と八潮であれば無料で対応させていただいてます。

今回は特別に連絡いただいた際に「パリッとポリッとを見た」とお伝えいただければ初回限定で40分5,000円にて承ります。

料金表

施術料

  • 40分 8,000円
  • 60分 12,000円
  • 80分 15,000円

出張費

  • 草加、八潮:無料
  • 上記以外:要相談

||ありがとうございます!早速、草加の居酒屋で依頼させていただきますね!(笑)

正村:お酒を飲みながら施術はもってのほかです、丁重にお断りさせていただきます(笑)

まとめ

体に痛みが起きた時に『歳のせいかも?』と思ってほったらかしにしている人は多いと思います。

そんな時は一度、専門知識を持った理学療法士に相談してみると自分でも気付かなかった事を知れるかもしれません。

正村峻輔

正村峻輔
プロフィール

正村峻輔(まさむら しゅんすけ)

北海道函館出身。

高校時代、野球で怪我をしたことをきっかけに理学療法士の存在を知る。

専門学校を卒業後、理学療法士の世界へ。

平日は都内で理学療法士として働きつつ、休日・夜間に個人の理学療法士の活動や教育を行うセミフリーランスとして活動。

20代とは思えないほどの実務経験を積み、広い視野で的確な処理を施す。

主な活動場所は草加市・八潮市。

Lucks(運営サイト):https://lucksclover.com

facebook:https://www.facebook.com/masamura.syunsuke